12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH
LINKS
ブクマ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - |
速読勉強術―限られた時間で差をつける!
速読の練習をするにあたって、書籍を参考にしようと思いました。しかしその書籍名を出してしまってやっぱり速読は身につきませんでした、では申し訳ないと思い逡巡してました。

そこで気が付いたのですが、参考にする書籍が一冊だから問題があるんですよね。いろいろ取り揃えたらいいじゃん!ってことで、とりあえず3冊ほど取り揃えて見ました。

まず読んだ一冊をば。

速読勉強術―限られた時間で差をつける! / 宇都出 雅巳

この本、速読のやり方とか書いてあることはすごく納得できる。でも、この手の本の特徴でもあるんですが冒頭でまずどれほど自分がすごいのかを説明してるんですよね。

実はそういうの、私あんまり好きじゃないんですよ〜。

著者の話はどうでもいいから早くその手法を教えてくれよ!って思っちゃうせっかちサンなんですよ!

で、速読の極意としては、とにかく完璧に理解は出来なくてもいいから早く読んで、読み返せ!とにかく読め!ってスタンスです。

それ、好きだ!!

広く浅くの私の主義にぴったりだ!

その他には、この著者の方の本業はコーチングであるらしく、さすが、コーチング!と言えるような書き方がいいかもしれないです。

その気にさせる手法としては抜群ですね。

あと、速読そのもの以外にも目標達成のためのメンタル面のフォローがあって、単なる速読の本としてではなく、資格試験など目的をもって速読を学びたい人には最適です。

速読勉強術―限られた時間で差をつける! 速読勉強術―限られた時間で差をつける!
宇都出 雅巳 (2007/01)
すばる舎

この商品の詳細を見る
まのすけ | 速読 | 02:25 | comments(0) | - |
ご幼少のみぎりにかじった事がある速読
速読については、実を言うとはるか昔にチョコッとだけ本を読んでその気になって練習したことがある。でも別に超人的に早くなったわけではない。
ただ、そのときに少しだけコツは掴んでいる。
まぁ普通の人よりはちょっとだけ読むのが早い。とはいえ本屋で立ち読みするときにちょっと得をするくらいで、特技と言えるほどの速さではない。

その、はるか昔に読んだ本の記憶。ただ一項目だけ覚えている速読のコツ。それはズバリ…

目を早く動かす。

いや、マジで。
確かその本では
『足の遅い人は早いスピードでの景色を見れるはずがないのだからまず早く走れるように訓練しなければならない。それと同じで速読も目を早く動かしてこそ、そのスピードで本が読めるのだ』

(文章は定かではない。記憶力に問題があるので)
…のようなことを言っていた。
それはちょっと納得したので、とにかく目を早く動かすという練習を少しだけしたことがある。

今参考にしている本も最初目の訓練をするように書いてある。
そして、果てはページをめくるスピードの訓練にも至る(笑)
速読への道のりは長いなぁ…。

とりあえず、今現在の実力を参考図書に沿って計ってみた。一分間にどれだけの文字を読めるか、というものだ。

ケータイでタイマーをセットして、ヨーイドンで読み始める。
一分間って意外と長いことに気がつく。
で、1400文字ぐらいのところまで行った。(参考書籍に目盛りが付いてた)
その著者の経験上では一般的に800字〜900字時程度(統計値としては500字らしい)だということなので、やっぱり自分は読むのが早いんだ!とちょっと天狗になってみる。
だが、本当の速読にはまったく及ばない。10000字くらい読まないと話にならないらしい。
とりあえず、これから訓練して行ってどれだけ増えるか楽しみだ!
まのすけ | 速読 | 22:19 | comments(0) | - |
1/1PAGES | |